ユーザーが死ぬほどあなたのサービス(OR プロダクト)を愛しているかどうか

はてなブックマーク - ユーザーが死ぬほどあなたのサービス(OR プロダクト)を愛しているかどうか
LINEで送る
Pocket

 

起業する人が周りにいっぱいいまして

その中に、相当の数の人が、ここがずれています。

サービスやプロダクトをユーザーのために作っていません!

自己満足で作っていたり、自分が作れるから作っていたりするケースが非常に多いです。

ユーザーのことや、ユーザーの課題を勝手に想像して

サービスを作っています。

趣味でしたら、そのサービスは全然問題ありませんが

もしビジネスとしてそのサービスやプロダクトをやりたければ

ユーザーのことを全力で死ぬ気で知る努力をしなければなりません。

例えば

医療系アプリを作るのであれば

まず、それは患者さんのためのアプリなのか、医者さんのためのアプリかでだいぶ話が変わってきます。

患者さんのためのアプリでしたら

今度は、患者さんがどんなシーンで、どんなタイミングで、どんなシチュエーションで使うアプリなのかによっては

また、全然違う作りになっていくはずです。

例えば、患者が予約用のアプリでしたら、なんで、電話じゃダメなのか、なんでWebページの予約機能ではなくアプリじゃなければいけないのかとかの質問をクリアしなければなりません。

そのユーザーが本当にそのアプリを必要としているのでしょうか?

そのニーズが本当に存在しているのか

徹底的な検証が必要ですね。

起業で早くいっぱい失敗したい

これから、起業するみなさまも、サービスやプロダクトを作っていて、PDCAサイクルを回して

自分のサービスをリリースする前に

今一度、自問してください。

そのサービスは、ユーザーが死ぬほど愛しているサービスなのかどうか

死ぬほど必要とするものなのかどうか、そこは失敗と成功の分水嶺ですね。

ユーザーが死ぬほど欲しがるそのニーズさえ明確になれば、他はむしろ比較的に簡単ですね。

 

はてなブックマーク - ユーザーが死ぬほどあなたのサービス(OR プロダクト)を愛しているかどうか
LINEで送る
Pocket

Add a Comment

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies. more information

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close